ヘルスケア

乳酸菌飲料とは
乳酸菌食品とは
乳酸菌サプリメントとは
動物性乳酸菌とは
植物性乳酸菌とは
殺菌された場合
生きて腸まで届かない?

植物性乳酸菌とは

植物性乳酸菌とは、野菜全般、米や麦などに含まれる、ブドウ糖・果糖・ショ糖・麦芽糖など、
様々な糖類を食べて増殖(発酵)する乳酸菌のことを指します。

日本では特に漬物や味噌、醤油や酒などといった「発酵食品」の中に植物性乳酸菌が含まれており、
中でも昔から親しまれてきた「ぬか漬け」の中には豊富な乳酸菌と栄養素があることが知られています。

ぬか漬けを作り出す「ぬか床」では、乳酸菌と酵母をバランスよく繁殖させ、素材にたっぷりの栄養素と酸味・旨味を染み込ませることで、
それぞれの家庭の味が作り出されますが、それだけではなく、ぬか床を培地としてそれぞれの家庭で乳酸菌を生き物として育てているようなものなのです。

ぬか床を使った製法は昔から変わらず、その味は嫁入り道具のように代々大切に伝えられてきました。
それだけ乳酸菌が体にもたらす効果や、発酵によって引き出される素材の旨味が昔から人々に評価されていたことになります。

植物性乳酸菌は生きたまま胃を通過して腸まで届き、その生存率は動物性乳酸菌の10倍であると言われています。
生きたまま腸に届いた乳酸菌は、腸の中で善玉菌であるビフィズス菌を増やして、大腸菌などの悪玉菌を退治してくれます。

また、酸やアルカリにも強く、動物性乳酸菌よりも過酷な環境で、生息できるものがほとんどで、他の微生物とも共存できる特徴があります。
この植物性乳酸菌の「強さ」により、免疫力を高めたり、発癌性物質の排出や分解、便秘や下痢の解消など、それぞれ高い効果が見られます。

また、ぬか漬けにすることで生の野菜を食べるよりも、たくさんの食物繊維を同時に摂取できます。
乳酸菌と食物繊維のダブルの力によってさらに、腸内環境の改善、お腹の中やお肌の改善、
脂肪の分解やコレステロールの吸収の抑制、病原菌感染の予防など、体にもたらす効果の幅が一気に広がります。

湿気が多く、梅雨という時期を過ごさなければならない日本は、菌が生存しやすい気候であり、
ぬか漬けのような発酵食品によって、昔から様々な植物性乳酸菌に恵まれていたのです。
新しい乳酸菌「KW乳酸菌」についても知っておくと良いでしょう。