ヘルスケア

乳酸菌飲料とは
乳酸菌食品とは
乳酸菌サプリメントとは
動物性乳酸菌とは
植物性乳酸菌とは
殺菌された場合
生きて腸まで届かない?

殺菌された乳酸菌とは

乳酸菌製品の中に、無殺菌・殺菌といった形で書かれているものがあります。
殺菌された乳酸菌とは、消費者が求める乳製品の、程良いさっぱりとした酸味や香りを発酵によって引き出す際、
酸味が一定数を超えてしまうと、容器が溶けて変形、破損してしまう原因になることや、
旨味が減少して商品にすることができないことなどから、乳酸菌を低温加熱により殺菌・死滅させているのです。

また、アルコール商品を醸造する時に存在するアルコールに強い乳酸菌は、
お酒の発酵を早めて腐らせてしまうことがあるため、この乳酸菌も低温で加熱殺菌処理がされています。

しかし、発酵によって作られた乳酸菌生産物質である「乳酸」と、乳酸が乳酸菌によって分解された「乳糖」や、
有効成分であるラクトトリペプチドは、胃酸に弱い生きた乳酸菌ではないため、腸まで届いて善玉菌のエサとなり善玉菌増殖の手助けをしたり、
腸内に溜まった老廃物を吸収して体外へ導く、腸内のお掃除のような役割をしたり、免疫細胞を高めるなどの効果があります。

特に、殺菌によって死滅した乳酸菌の死骸は、そのまま腸に届き、食物繊維に似た働きをしてくれたり、
その他にも多くの体にもたらす効果が見られることから、専門家の間でも注目され、研究が続けられているのです。

また、殺菌された乳酸菌商品は、発酵・熟成させたあとに加熱殺菌をして容器に充填するなどの製法がなされていますが、
生きたままの乳酸菌の取り扱いと違い、常温での保存が可能なため、商品として流通しやすい状態になります。
そして、加熱処理をして密封することにより、できたてのおいしさを保てる商品となります。

このような製法がなされることによって、スーパーなどで幅広い乳酸菌製品を目にすることができるのです。

生きた乳酸菌飲料の代表にはヤクルトが有名ですが、殺菌された乳酸菌飲料であるカルピスも誰もが知っている商品ですよね。
このように殺菌されて乳酸菌が死滅していても、しっかりと腸内で働いてくれるので、様々な効果が期待できます。
乳酸菌を摂って病気に負けない体づくりをしていきましょう。

↓効率よく摂取できる乳酸菌食品