ヘルスケア

乳酸菌飲料とは
乳酸菌食品とは
乳酸菌サプリメントとは
動物性乳酸菌とは
植物性乳酸菌とは
殺菌された場合
生きて腸まで届かない?

乳酸菌は生きて腸まで届かない?

乳酸菌は腸に到達する前に死んでしまうものと、生きたまま腸に届いくものがあります。
動物性乳酸菌の場合は、熱・乾燥・酸に弱く、胃の中でほとんどが死滅してしまうと言われていて、
さらに商品化するための殺菌処理によっても、乳酸菌は死滅してしまいます。

そのため、ほとんどの乳酸菌商品の乳酸菌は、生きて腸まで届かないと思われがちですが、
逆に乳酸菌が生きたまま保存されている無殺菌の商品もあります。

また、植物性乳酸菌でしたら、酸やアルカリに負けない強い菌であるため、
過酷な環境でも生き抜いて腸の奥まで届くことができます。

腸内に生きたまま乳酸菌が到達すると、善玉菌であるビフィズス菌を増やしたり、
糖分を分解して乳酸などの酸を発生させ、悪玉菌である大腸菌などの減少を促進するなど、
腸内に溜まった有害物質を体外に出してくれる効果http://www.nflflag.jp/があります。

腸内を善玉菌優勢の環境にすると、腸内が活発に活動するようになり、
消化吸収が促進されて便秘や下痢が解消されていきます。

このように、生きたまま腸に届けることで様々な効果が見られることから、
「生きて腸まで届く乳酸菌」といったフレーズの商品は大変人気で、
現在ではさらに、乳酸菌に特殊加工を施して、生きたまま胃を通過して腸に届けることができるという、
乳酸菌の健康食品やサプリメントも多数開発されています。
特に、キムチやヨーグルトに含まれているL29乳酸菌は酸に強いので、生きたまま腸に届きやすいです。

一方、胃酸や殺菌処理によって死んでしまった乳酸菌でも、腸内で様々な効果を発揮することがわかってきており、
専門家の間で研究が進められています。

死滅した乳酸菌は死骸となってそのまま腸内まで届き、善玉菌のエサとなることで善玉菌の増殖の手助けをしたり、
悪玉菌の活動によって溜まった有害物質とくっついて中和させる働きがあります。
また、免疫力が高まることでウイルス性の感染を防いだり、がん細胞の活動を抑制する働きもみられます。

このように、死んでしまった乳酸菌でも、生きたまま腸に届く乳酸菌とは違う別の効果が多数みられることから、
どんなタイプの乳酸菌製品でも、健康体に導く有益の存在であることは間違いありません。
乳酸菌というと整腸作用があるというのはみなさん知っていると思いますが、その他にもわたしたちに嬉しい効果をたくさん与えてくれます。
乳酸菌の嬉しい効果はこちらに詳しく載っていますのでご覧ください。