ヘルスケア

乳酸菌飲料とは
乳酸菌食品とは
乳酸菌サプリメントとは
動物性乳酸菌とは
植物性乳酸菌とは
殺菌された場合
生きて腸まで届かない?

乳酸菌飲料とは

乳酸菌飲料とは、乳などを乳酸菌や酵母で発酵させたものに果汁・シロップ等を加えて味付けし、さらに水等で薄めて均質化した飲料のことを指します。
牛乳から水分と乳脂肪分を差し引いた残りの成分を「無脂乳固形分」と言いますが、
乳酸菌飲料はこの「無脂乳固形分」が3%以上のものと、3%未満のものの2つに分かれます。

3%以上のものは、乳製品に属する乳製品乳酸菌飲料となり、ヤクルトやピルクルなどといった商品があります。
また、3%未満のものは、乳製品ではなく乳等を主要原料とした、食品に属する乳主原乳酸菌飲料になります。
そして「無脂乳固形分」が8%以上になるものは、乳酸菌飲料ではなく、発酸乳に分類されます。

これらは食品衛生法に基づく厚生省令により、表示方法などが定められています。

乳酸菌飲料は、水分として摂取できることで胃に与える刺激が軽減され、吸収も良くなるため、
乳酸菌が体にもたらす効果が高くなると言われています。

いつでも気軽に乳酸菌を摂取できる、という良さを持っている乳酸菌飲料ですが、
より効果的に摂取するにはいつ飲めば良いのか、様々な議論がなされています。

人間の体は、乳酸菌という「菌」を体に取り入れることで自然と「胃酸」が放出されます。
これは乳酸菌を異物とみなして体をガードするための免疫機能であり、健康でいるために大切なことなのですが、
この「胃酸」に長時間浸かっていると乳酸菌はほとんど胃の中で死滅してしまうのです。

そのため、朝起きてすぐや食事の前など、胃がまだ活動していなかったり胃の中に食べ物が無い状態の時に飲むといいと言われています。

しかし、空腹感が強い場合は、これから飲むという時に脳が刺激されてしまい、胃酸の分泌が始まる可能性があるのです。
これには個人差があり、朝起きてすぐに空腹感を感じてしまうような方には、朝一番の摂取は向いていないこととなり、
食事をする前よりも食事をしてから数時間後の、胃が活動していないような時間帯が向いている場合もあります。

自分にとってベストな時間を見つけて、毎日同じ時間に飲み続けられると効果的のようです。
また、お腹が弱くても乳酸菌は飲んで大丈夫なのでしょうか。詳しくはhttp://xn--vck8crc619onqea2458acp5byjf8l2b.com/